流行ではない定番カラー

ベーシックな色ってどんな色?

服の基本的な色は無彩色です。
白、黒、グレーの3色は、他の色と合わせやすく、年中着まわせるのが特徴です。
目立つ色の服は無彩色と合わせておくと煩くならずバランスが取れたコーデになります。

白は明るい印象になるので、暗い色ばかり着ている時にバランスを取るのに使える色です。
春や夏らしい色とも相性が良いので、2トーンカラーコーデも楽しめます。
1つ持っておくとバリエーション豊かに華やかな服装が演出できるのでオススメです。
また、白は顔を明るく綺麗に見せる効果があるので、トップスや首元から白を見せるコーデで使用すると良いでしょう。

黒は白と異なり、はっきりした色なのでクールな色との組み合わせでよく映えます。
重みのある色で秋や冬のコーデで重宝されています。

無彩色と茶色は相性がいい

定番で重宝するカラーでも、そのカラーリングだけでは変化がなくなってしまいます。
モノトーンもオシャレですが、毎日そのカラーを着ているとマンネリ化してしまうので注意です。

モノトーンばかりにならないように、茶色やベージュの服を持っておくことがオススメです。
モノトーンコーデの白を茶色に入れ替えるだけで雰囲気もガラッと変わります。

ベージュも白の代わりに使用することができ、甘いコーデを演出できます。
濃淡の違うアイテムを持っておくことで、同じアイテムに合わせてもまったく同じ服装の印象になりません。

また、色の配分でも印象が変わります。
モノトーンコーデでもいつもと配分を変えるなど変化を付けるだけで着回しができるので色々試してみましょう。


この記事をシェアする