失敗しない着こなし方

デザインの入った服は失敗する?

服のコーデの失敗談で多いのが、デザインの入った服が他の服と合わせにくいことです。
コーデに統一感が出ずに、デザインの服だけが浮いてしまうことであまり着なくなってしまいます。

また、低価格のショップでは、コストを下げて提供しているため、生地が上質ではありません。
無地やボーダーなどの定番のデザインは、コストを下げても安っぽさがわかりません。
しかし、デザインが主張する服や定番から外れたデザインが配置されていると、安っぽさが出てしまいダサくなるので注意しましょう。

トレンドのデザインであっても、コストを下げて作っている服ではオシャレに見せるのは難しくなります。
そのため、安っぽさが見えない無地や定番の無彩色を複数買って着まわしていくのがコーデで失敗しない方法となります。

ベーシックアイテムだけでまとめてしまう

コーデを失敗してしまう理由として定番の服の形、色で揃えてしまうことも挙げられます。
定番の色は使いやすいメリットがありますが、その分着こなしのバリエーションがなくなってしまいます。
いつも同じ色目にならないように、トレンドのカラーをさし色に使用して変化を付けましょう。

定番の服でも形は絶妙に変わってきます。
昔のまま着まわしていると古臭い印象を持たれる可能性が高くなります。
今のトレンドの形で定番の服を探して買い直すことも大切です。

定番のスタイルに1つトレンドのものを入れることも失敗しないコーデで重要となってきます。
定番のスタイルはそのままに、その格好に合うものをトレンドの中から探すことで、浮いたファッションを回避することができるのです。


この記事をシェアする